• ピラティスで身体を整え、マインドフルネスメディテーションで心を整え、日々の生活に幸せを
雨の日

自律神経には、体を興奮させる働きの交感神経と、体をリラックスさせる副交感神経があります。気圧が変化すると、人間の体はそれに抵抗しようと自律神経が活性化されますが、この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因につながります。

自律神経を整えるためには

①深呼吸をしよう

低気圧による自律神経の調整不良によ李、気がつかないうちに、呼吸が浅くなっていることがあります。両腕を天井方向へあげながら、大きく息を吸い込み、両腕を下ろしながら、ゆったりと息を吐き出してみましょう。深呼吸5セットを、朝/昼/夜、行ってみましょう。

②ストレッチをしよう

首を回したり、肩の上げ下げ、手首足首を回したり、簡単なもので構いません。凝っているところを見つながら、体の関節を緩め、血行を促します。

③睡眠をたっぷりとろう

できる限り睡眠の時間を多めにとり体を休めましょう。交感神経が働きすぎ興奮して寝付けないような時には、横になり目をつぶっているだけでも、体を休める効果があります。

低気圧の時こそ自分の体と向き合うチャンス

雨の日が近づくと、何となく気分も沈みがちになりますが、低気圧の時こそ自分の体と向き合うチャンスです。
自分の体がどんな状態なのか、観察をして、まずは深呼吸から初めてみませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です