• ピラティスで身体を整え、マインドフルネスメディテーションで心を整え、日々の生活に幸せを

今日は祝日でしたね。どんな1日でしたか?
私は、娘と一緒に、バレンタインデーのガトーショコラを作りました^^
最近、甘いものを控えているのですが、久しぶりに食べたケーキは、以前よりも甘く感じました。

さて、今、どんな気持ちですか?

突然ですが、今、どんな気持ちですか?

イライラしている?怒っている?穏やかな気持ちでいる?眠い?そわそわする?ぞくぞくする?ドキドキする?

無意識を意識化してみよう

普段私たちは、色んな気持ちになります。

ついさっきまで、気分が良いなーと思っていても、子供がお味噌汁のお椀をひっくり返した途端、「オラァーー!!怒」となったり、そのあと、冷蔵庫に隠していたスイーツを発見し、ウキウキな気分になったり。

気持ちや感情は、まさに、お天気と一緒です。

常に一定でいることは難しい。

雨が降ったり、風が吹いたり、晴れたり、曇ったり。梅雨のように長い雨が降ったり。突然雷がなったり、あられが降ったり。

自分の中で次々と沸き起こる気持ちや感情は、自然現象

自然に湧いてくる。

「今から怒りまーす!」と思いながら怒ることはないと思います。

気がついたときには、もう、怒っている。

「はい、今から、ウキウキな気分になりますねー」なんて、ウキウキする前に、そんなこと考えません。スイーツを発見したと同時に、ウキウキしますよね。

勝手に自分の中で沸き起こる自然現象。

その思考と感情の自然現象を無理に変えようとしない

人は、1日に60000回もの考え事をすると言われています。

そして、その思考のたびに、次々に沸き起こる自分の感情がある。

それに1回1回、ジャッジしていると、振り回される自分がいる。

「あー自分、だめだー」

「えー、なんだ、もー、こんなことしなきゃよかった」

「アイツのせいで、こんなことになったんだ、許せない」

次々に湧いてきた思考と感情によって、そんな自分を責めたり否定したりせずに、湧いてきた感情を、ただ見つめて流す。

思考の脱同一化

思考の中に入り込んでいると、苦しくなるときが多い。

特に怒りの中に入り込んでいると、そこから否定的な妄想が始まり、ありもしないことを想定して、その妄想の中でも、また怒りが止まらなくなる。

無意識に怒りの感情の中に入り込んでも、「はっ、今、怒りの中に入り込んでいた」と意識して、戻って来ればいい。

思考の脱同一化とは、自分の思考を、あたかも第3者的に眺める。思考の中に入り込んで一体化せずに、思考を外から離れて眺める感じ。距離を取り、自分の気持ちを眺める。

そして、「今、こんな気持ちだな」と見つめ、そして、受け入れる。

だから自分なんてダメなんだ、と言うような判断をせず、自分の感情をただただ、受け止めて、見つめるだけ。

何回も思考の中に入り込んでも大丈夫。気がついたら戻ってくればいい。

いろんな思考が湧いてきても、その度に、いちいち「自分ダメだー最低」とか、「よっしゃー」とか、判断しないで。ただ、ただ、自分の中に湧いてきた感情を受け止める。

何回、思考の中に入り込んでも、気がついて戻って来れば大丈夫。

自分の思考パターンが見えてきたり。何にこだわっていたのか。わかってくる。

この気づきの練習をすると、自分の思考パターンが見えてきたり、何にこだわっていたのか、分かってきます。

思考や感情と一体化して、1日の中で、何回も何回も、ぶんぶん思考に振り回されていた自分が、振り回されずにいられることが増えてきます。

その「今ここだよー、思考に入り込まないで戻ってきたー」っていう練習になるのが、マインドフルネス瞑想においての呼吸へ意識を向ける瞑想です。

ぜひ、日々の習慣として、マインドフルネス瞑想を取り入れ、自分の思考に振り回されない自分で入られますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です