• ピラティスで身体を整え、マインドフルネスメディテーションで心を整え、日々の生活に幸せを

なぜこのHPを作り、マインドフルネス瞑想をピラティスを広めていきたいと思ったのかについて、私の思いを書いていきます!

私自身も苦しかった。生きづらさを抱えていた。

いろいろな趣味を持ち、いろんなことにチャレンジして、海外に行ったり。外から見れば、いつも楽しそうで悩みなんてなさそう、と思われてました。

でも、私は生きづらさを抱えていました。

尋常じゃないくらい周りの目が気になり、他人と比べては落ち込む。

私は全然ダメだ。自分責めも止まらなかった。

何か決めるときも、考えすぎて決められない。

そして、イライラが止まらない。いつもイライラしていた。

産後、イライラは悪化

子供は、いつでもどこでも、自分の思いを訴えてきます。自分の感情を前面に出してきます。

その度に、お母さんは、それを受け止め、その時々に合った対応を迫らせます。

でも、生きづらさを抱えていると、子供の思いを受け止める余裕がないんです。

自分のことも認めてあげるのが難しいのに、子供のことを受け止めるなんて、無理。イライラは悪化しました。

怒りの沸点も、どんどん低くなる。

ちょっとしたことで、すご怒ってしまう。

毎晩、かわいい子供の寝顔を見ては、反省の日々。

この生きづらさ、このイライラ。なんとかしたい!!抜け出したい!

カウンセリングや、アダルトチルドレン専門のセラピーにも通いました。

でも、全然改善しませんでした。お金費やしたのに><。

その時は頭ではわかっても、実際は、何も変わっていなかった。

そんな時、たまたま出会った本が、マインドフルネス瞑想の本でした。

人は1日に60000回もの考え事をしているということ。

その頭での考え事に振り回されてしまうということ。

そして、大半がネガティブな考え事であるということ。

そこから生まれる生きづらさがあるということ。

思考の癖を直せばいい!

自然に湧いてくる思考。湧いてくる思考は、しょうがない。でも、思考の癖、考え方の癖を直せば、改善されるんじゃないか。

それから、毎日、数分のマインドフルネス瞑想を始めました。

マインドフルネス瞑想は、特別なものは何もいらない。

ただ、楽な姿勢で、目を閉じて。講師の方の誘導で、意識の対象を見つめるだけ。

初めは、雑念だらけだった。

瞑想をしていても、10秒もたたないうちに、雑念が湧いてきました。

雑念だらけで瞑想が終わった時もあります。

でも、毎日、数分、続けていくと、少しずつ、頭の中との向き合い方が変わってくるのを実感しました。

雑念も、湧いていい。いや、むしろ、雑念が湧いてくるのが自然。

でも、雑念が湧いてきた時には、ちゃんと雑念から抜け出して、意識の対象へ戻って来れば大丈夫。

雑念が湧いては戻す、湧いては戻す、脳トレですね!

育児中の数分間でも、頭の中がリフレッシュしいます

なかなか、育児をしていると、自分の時間はありません。

特に生まれたばかりは、24時間赤ちゃんと一緒です。

トイレに行くくらいです。いや、トイレにいくにも、赤ちゃんを抱っこしていたり、近くに座らせたり。1人になれる時間は難しいですよね。

でも、ほんの数分。ちょっと目をつぶって、自分の呼吸を見つめるだけでいい。

そんな時間を積み重ねていくと、頭の中がリフレッシュしていきます。

マインドフルネス瞑想のおかげで、生きづらさから半分は抜け出せました!

人間なので、完璧な自分でいることは難しいです。

私は、マインドフルネス瞑想のおかげで、半分くらいは、生きづらさから抜け出せたと思います。

後の半分は?半分くらい生きづらさがあった方が、人間らしくないですか?笑

そんな自分も認められるようになってきます。

イライラしたって、自分を責めたって、他人と比べて落ち込んだって、反省したって、全部ひっくるめて自分。

どんな自分も受け入れられるようになると、だいぶ生きづらさから解放されます!

世の中の大半の悩みや苦しみは、自己受容(自分を自分で認めてあげること)がうまくいってないからではないでしょうか。

ありのままの自分を認めるって、すごく大切なことですよね。

「こんなんじゃ、ダメだ!」「自分はダメだ」と、自分を責めてばかりでは、毎日が苦しい。

同じように苦しんでいる人の役に立ちたい!

育児中、初めて、生きづらさを感じる人もいるでしょう。

ただでさえ大変な育児をしながら、自分の生きづらさを抱えて生きていくなんて、辛すぎます。

私と同じように、生きづらさを抱えている人たちの役に立ちたい。その人たちが、少しでも幸せに生きていってほしい。という思いで、このHPを立ち上げ、少しでもためになる情報を残しておこうと活動を始めました。

心と体は繋がっている。

マインドフルネス瞑想で「心」を、ピラティスで「体」を整えることで、両方向からのアプローチができるんじゃないか。

心が不調だと、体も縮こまってしまいます。

体に不自由がある時は、心も沈みがちです。

私は、ピラティスのフル認定資格も持っているので、ピラティスでは体のトレーニングを。マインドフルネス瞑想では「心」のトレーニングをして、日々の生活を少しでも幸せにいてほしいという願いを込めて、活動することになりました。

生きづらさを抱えている方、一緒に抜け出しましょう!!大丈夫!!

こちらに、読者様限定の瞑想の音源をおきますので、ぜひ、お試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です