• ピラティスで身体を整え、マインドフルネスメディテーションで心を整え、日々の生活に幸せを

マインドフルネス瞑想協会&STOTT ピラティス認定講師のMIDORIです。

さて、前回のブログの続きです。マインドフルネスと育児②です!

今回は、マインドフルネスとは何か、マインドフルネスを取り入れると育児にどんないいことがあるのかを説明します。

マインドフルネスと言う言葉を聞いて、どんなイメージがありますか?

マインドフルネスとは、、、

「今ここ」にある状態に気づいていることです。
過去でもない、未来でもない、瞬間瞬間「今」に気づいている状態のことです。

マインドレスネスとは、、、

無意識の状態、気づいていない状態。ぼんやりと、上の空、頭の中が未来や過去にさまよっている状態で、心ここにあらずといった状態のことを言います。

現代人は、考えすぎて苦しいんでいる人が多い

人は、1日に約60000回以上、思考していると言われています。
しかも、そのうちの約8割が、ネガティブ思考であると言われています。

現代人は、情報に溢れ、スマホをつい何となく見続けたり、他人のSNSを見ては、自分と比べて、いちいち落ち込んでしまいます。

・◯◯ちゃんは、たくさん習い事してるのね
 (それに比べてうちは、何も習わせてあげてない)
・今日、私だけママランチ会に誘われてなかったんだ
 (嫌われてるのかな)
・育児もしながら、こんなに素敵なお料理作ってるのね
 (私なんて、アジの開き焼いただけだ)

あらゆる情報によって、頭の中が、考え事でいっぱいに。

そして、ついネガティブになりそうな情報を取りに行ってしまいます。

そうなると、物の味方自体が、ネガティブで、批判的、攻撃的になったりしますよね。

こんな状態で、育児をしても、子供と向き合っても、心から楽しめるわけはないし、自分の育児の不安も積もり、感情をうまくコントロールしにくくなります。

マインドフルネス瞑想(呼吸瞑想)について

マインドフルネスとは、「今ここ」にある状態に気づくことでしたね。

それが、一番わかりやすい方法として、「マインドフルネス瞑想」をお勧めします。

これは、瞬間瞬間、休みなく続ける「呼吸」に意識を向け続ける瞑想法です。

初めのうちは、1分もしないうちに、きっと雑念が湧いてきますが、注意がずれたことに気づき、雑念を雑念を手放し、又「呼吸」へ意識を戻していきます。

大切なのは「気づくこと」で、例え雑念が湧いてきても、良いとか悪いとか判断をせず、今の呼吸と体に気づくことです。

息を吸っている時には、吸っていることに気づき、
息を吐いている時には、吐いていることに気づきます。

育児にどんな良い影響があるの?

マインドフルネス瞑想を行うことで、悩みが全くゼロになることはありませんが、改善されていくことがあります。

  • 例え感情的に起こりそうになった時でも、
    「今、怒っているな」と、自分の感情を客観的に見れるようになります。
  • 「今」に集中できるので、子供との時間を心から楽しく過ごせるようになります。
  • 無意識にいろんな考え事をするのが減ってくるので、頭の中がクリアになり、今やるべきこと、目の前の子供に、今何をしたらいいのか判断が明確になります。
  • ありのままの、こんな自分を認められるようになります。例え、育児でうまくいかない日があってもこんな日もあるよな〜と、思えるようになります。
  • 頭の中の雑念を手放していくので、頭がスッキリ。お母さんお父さんのストレス軽減、リフレッシュにもつながります。

瞑想と聞くと怪しいと思ってる??

宗教的?怪しい?宙に浮くの?洗脳させられる?

と思っていませんか?

google、Apple、Intel、等の大手企業が研修に導入したり、オフィスに瞑想ルームがある会社もあるようです。

そして、瞑想は、信仰は不要であり、科学的根拠のある手法になっています。

世界では、様々な研究も進み、マインドフルネスを取り入れていくことで、ストレスに対する過剰な反応が抑えられたりといった、脳の仕組みが変わる!と言う研究結果もあります。

脳の仕組みについては、また改めてブログで書きますね!
びっくりするくらい、脳の中に変化があり、心の病で苦しむ方が、薬よりも効果があった、と研究結果も出ています。

お母さんお父さんも自分のことを大切に。

育児をしていると、なかなか自分の時間が撮れませんが、ほんの数分でも、例えば、トイレの中でも、少しリビングを離れて玄関でも、目をつぶって、マインドフルネス瞑想をしてみる。自分を見つめる時間を作ってみては、どうでしょうか。

瞑想が日々の週間となれば、今よりもっと育児が楽しくなり、家族に笑顔が広がります。

ぜひ一緒にマインドフルネス瞑想を実践して、毎日を生き生きと楽しく過ごしていきましょう。

次回のブログでは、マインドフルネス瞑想の音源も載せようと思いますので、一緒に瞑想を深めていきましょう♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です