• ピラティスで身体を整え、マインドフルネスメディテーションで心を整え、日々の生活に幸せを

全国休校の発表があってから、そのまま春休みに突入しましたね。

長く続く不安な状況に、疲れがたまってきたお母さんは多いのではないでしょうか。その中の1人が、私です。

食事を3食準備して、合間に子供の相手をして、合間に家事をして、1日が終わる。

子供が寝た後に自分のことをしようと思っても、疲れて寝落ちする日も増えてきました。自分の時間なんて、ありませんよね。。

心に余裕もなくなってきましたね。

でも、世界の対応を見ても、今回の新ウィルスは、新しいウィルスなだけに、未知な部分も多く、まだワクチンもなければ治療法もない。怖いです。本当に。

家族でいる時間が増えてきた中、家族でできる瞑想で、家族とのつながりを感じてみましょう。

  • まずは、向かい合ったり、円になり、目を軽く閉じて、手をつないでみましょう。
  • 家族の手のぬくもり、エネルギーを感じると、安心感が広がります

家族の瞑想でオススメなのが、「感謝の瞑想」です。

当たり前のように、いつも一緒にいる家族。
当たり前のようにある、家、そして食べるもの。
布団があり、ぐっすり眠れる場所があるということ。

人やもの以外にも、この地球に誕生したことや、太陽や、夜空に輝く星、大地の恵みなどにも。

当たり前のこと、全てのことに感謝をする瞑想を行うと、自然と、心が落ち着くのを感じます。

なぜ、感謝の瞑想をすると、心が落ち着くの?

物に溢れる現代人は、「ない」ことに目が行きがちに。
「ない」状態にイライラして、もっともっと満たされることを求め続ける現代。

  • お腹が空いたら、すぐそこのコンビニで買って食べればいい。
  • 欲しいものがあったら、どこのお店に行けば買えるか分かる。
  • 地に迷っても、スマホ1つで場所が分かる。
  • 電車の乗り換え案内も、時刻表もスマホ1つで分かる。

「今ないことを満たす」よりも、「今あることに感謝を」すると、幸せな気持ちになるのです

当たり前は当たり前じゃない。

今ないものに、もっともっとの気持ちが強くなるから、心が苦しくなるのです。

自分にとっての、「ありがとう」を見つけて、心の中で、「ありがとう」を伝えてみよう

  • いつも一緒にいてくれて、ありがとう
  • 住む家があること、ありがとう
  • 食べる物があること、ありがとう
  • 眠る場所があること、ありがとう
  • 私がこの地球に誕生できたこと、両親にありがとう
  • 大地の恵みに、ありがとう
  • 暖かな太陽、暗い夜に輝く星、ありがとう

「今」自分にあるものに感謝の気持ちを持って、この不安な状況を、暖かな気持ちで、乗り越えましょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です